激安ののぼりならではのデメリットや危険性は?

激安のぼりにデメリットはあるのでしょうか?やはり激安となるだけのそれなりの理由があるので注文するなら理解した上でなければなりません。

激安ののぼりならではのデメリットや危険性は?

激安や最安値といったのぼりの宣伝文句は必ずあります。

危険ではありませんが、激安の意味を知っておきましょう。

その辺を含め概略をお話しします。

●海外から安い生地を大量に仕入れている。

激安ののぼりが危険とは限りませんが、激安なりの理由があるので注意は必要です。

なぜ激安かというと、その多くは単価の安い生地や粗悪なインクを、海外から大量に輸入しているので、色落ちや変質が早いということです。

3カ月程度はもちます。

その後の保証はできません。

のぼり専門店は品質とサービスが生命線なので、そのような方法はとっていません。

●オリジナルのぼりでも高額とまでは言えない。

「オリジナルのぼりは高い」という見方ですが、のぼりは他の広告媒体にくらべ、非常に安いのが特徴です。

たとえばデザイン込みで6,000円~8,000円かかったとしても、それを3本作って3万円しません。

消えてなくなってしまうチラシやDMの制作代金にくらべれば安いものです。

●のぼりはお店の顔となるモノなので、半年以上使うならオリジナルがおすすめです。

3カ月に1回程度はリニューアルしましょう。

のぼりはお店の入り口などに設置するもので、集客の役割を担ってくれる大切なモノです。

色落ちしたみすぼらしいのぼりでは、かえって店のイメージを落としてしまいます。

オリジナルでも高額ではないので、そこは考え直してみてください。

安価であることを生かして年4回程度の作り替えをする店もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
のぼりのキメ手 Copyright (C) rightcyberup.org. All Rights Reserved.